認定コンプライアンス・オフィサー
認定コンプライアンス・アドバイザー とは

資格認定制度の背景
 

企業・団体等の行動に対する顧客・消費者の目線が厳しさを増す中、内部統制関連の法整備が進められる等、わが国におけるコンプライアンス経営への関心は一層高まっています。

このような環境のもと、各企業・団体においては、最低限の法令遵守体制の整備にとどまらず、社会や顧客からの信頼を受けて中長期的に勝ち残っていくための経営手法として、真の意味でのコンプライアンス態勢の充実・高度化が求められています。

このことを実現するためには、コンプライアンスの真の意味を理解し、自ら率先・垂範して組織をリードできる人材が不可欠です。本資格認定制度は、このような人材を育成するための方法の一つとして創設されました。

 

 
従来型のコンプライアンス
本来のコンプライアンス
従うべき対象
 法令  企業の経営理念
 経営理念を具体化した倫理綱領
目標
 法律や規則で求められた最低限の義務を
 果たすこと
 企業の価値を高め、持続的成長を可能と
 するため、自ら設定した基準である企業
 倫理の遵守を追求すること

コンプライアンス

業務の内容

 法令等の違反行為を個別にチェック
 すること
 企業倫理遵守の精神を組織内に浸透・
 定着させること(経営戦略としてのコンプ
 ライアンスの推進)

コンプライアンス
専門家に求め

られる能力

 法令等の知識
 (民事法、会社法、各種業法)

 以下の分野の幅広い知識及び判断力等

 * コンプライアンス概論、企業倫理
 * コーポレートガバナンス・内部統制
 * リスクマネジメント
 * 企業活動およびコンプライアンスに関連
 する法令全般

 

 

 

 
認定コンプライアンス・オフィサー資格とは
 

定義・内容

企業倫理・職業倫理の徹底・浸透等を図ることを中核としたコンプライアンス概念に精通しており、
かつ、コンプライアンスの実現に必要となる内部統制企業法務等に関する幅広い知識・判断力を有する者であることを認定する資格

認定コンプライアンス・オフィサー資格の特徴

多くの企業・団体等において、従来型の法務実務とコンプライアンス機能はさほど区別されていないのが
実情です。

しかし、本来コンプライアンス・オフィサーには経営理念等を頂点とする行動基準体系の立案・整備、コンプライアンスリスクの評価、組織の内部統制整備プランの立案、倫理・法令遵守の推進など、プロアクティブな役割を果たす使命があります。

企業倫理の観点から経営陣をサポートし、意見具申を行う責務を負うコンプライアンス・オフィサーにとって、民商法・刑法や各種業法など、法律の理解度の確認にとどまらず、コンプライアンスの専門家としてふさわしい知識・判断力の有無を試し、社会的に通用する資格を得ることは非常に有益と考えられます。

本資格が他の検定試験等と異なる特徴は以下のとおりです。

 

 1. 原則として、企業の実務担当者を対象とすること

 2. 法律知識の習得度を測ることにとどまらず、
   コンプライアンス専門家に求められる以下の分野の知識・判断力等を幅広く問うものとすること  

   企業経営と企業倫理
   
コーポレートガバナンスと内部統制
   
企業法務・コンプライアンスの基礎

 3. 資格認定により、企業内外での専門性の証明を図ること

 

資格認定要件

以下の要件を全て満たし資格認定申請をされた方に認定コンプライアンス・オフィサー資格を認定します。

 1. 認定コンプライアンス・オフィサー試験 3科目に合格していること

 2. 社会人としての実務経験が3年以上であること

 

詳細はこちらをご覧ください。

 
認定コンプライアンス・アドバイザー資格とは
 

定義・内容

倫理コンプライアンス、内部統制、リスク・マネジメント等に不可欠な基礎知識を身につけ、これらを実践できる優れたビジネスパーソンを認定する資格

認定コンプライアンス・アドバイザー資格の特徴

優れたビジネスパーソンとしての行動様式を身につけるうえでは、コンプライアンスや内部統制の素養が非常に役に立ちます。なぜなら、組織が目標達成のためにとるべき行動の道筋は、これらの知識があって初めて論理的に説明することができるからです。

コンプライアンス・内部統制等に関する基礎的な知識・判断力の有無を試し、社会的に通用する資格を得ることは、ビジネスパーソンとしての基本的なスキルの証明として非常に有益と考えられます。

本資格が他の検定試験等と異なる特徴は以下のとおりです。

 1. 全てのビジネスパーソン、個人事業主、これから社会に出る学生等を対象とすること

 2. コンプライアンス・内部統制・企業法務等に関する基本的な知識と適切な判断力を問うものとすること

 3. 資格認定により、企業内外に対して、コンプライアンス・内部統制等の基礎的な知識の習得を証明すること

 

資格認定要件

以下の要件のうちいずれかを満たし、資格認定申請をされた方に認定コンプライアンス・アドバイザー資格を認定します。

 1. 認定コンプライアンス・アドバイザー試験 に合格していること

 2. 通信講座 コンプライアンス総合コース を所定の要件を満たして修了していること

 3. 通信講座 コンプライアンス基礎コース を所定の要件を満たして修了していること

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

 
認定コンプライアンス・マネージャー資格との統合について

従来の「認定コンプライアンス・マネージャー」の役割および資格活用範囲の見直しを図るため、認定コンプライアンス・アドバイザー資格を創設し、従来の認定コンプライアンス・マネージャー資格をこれに統合いたしました。詳細は下記お知らせをご覧ください。 

>>「認定コンプライアンス・アドバイザー」資格の創設および「認定コンプライアンス・マネージャー」資格との統合について(2011年1月17日)