15回コンプライアンス・オフィサーフォーラムのご報告

2016年10月27日(木)、東京・内幸町の日本プレスセンタービルにて第15回コンプライアンス・オフィサーフォーラムを開催いたしました。
全国よりご参加頂いた皆様には心より御礼申し上げます。
今回のコンプライアンス・オフィサーフォーラムでは、行方国際法律事務所 代表弁護士の行方 洋一先生をお迎えし、「顧客本位の営業推進とコンプライアンスの一体化 −“アクセル”対“ブレーキ”論からの進化−」についてご講演頂きました。

講演の骨子

 ■ 「コンプラ(法令遵守)疲れ」とその原因

   ・知識の詰込みと”意識”の不足

   ・ 「やらされ感」⇒形骸化

   ・アクセル対ブレーキ(数字疲れ?)

 

 ■ 実効的で「疲れない」態勢の確立

   ・知識教育の前に意識醸成

   ・自己規律とそのサポート

   ・営業推進とコンプライアンスの一体化

 

 


行方先生による講演の様子

ご参加頂きました方からは、実例をもとにした講演だったので、とても分かり易かった、社内研修の目指す姿について大変参考になった、営業におけるコンプライアンスの考え方が理解できた、フィデューシャリーデューティーの考えに注目しているところでしたのでとても参考になった、時間も大変コンパクトで、先生の声もスピードも聞きやすかった等の声が多数寄せられました。

(連絡先)
コンプライアンス推進機構 事務局
電話:03-5776-5097  FAX:03-5776-5099
Email:honbu@ocod.or.jp

 

 
1
1
 


懇親会の様子

講演会終了後は恒例の懇親会が行われました。行方先生にもご参加頂き、フォーラム参加者の皆様との質疑応答や名刺交換が活発に行われました。また、参加者同士意見交換や交流される姿が多く見られました。

 

 
1
1
 


次回も皆様のご参加をお待ちしております。