第9回コンプライアンス・オフィサーフォーラムのご報告

2010年10月8日(金)、東京・内幸町の日本プレスセンタービルにて第9回コンプライアンス・オフィサーフォーラムを開催いたしました。

ご参加いただいた皆様には心より御礼申し上げます。

今回のコンプライアンス・オフィサーフォーラムでは、現在、日弁連法的サービス企画推進センター 企業の社会的責任(CSR)と内部統制に関するPTメンバーであり、自らも企業の第三者委員会委員の経験をお持ちの行方洋一弁護士をお迎えし、「外部調査委員会の在り方と留意点」についてご講演いただきました。

講演の骨子

■ はじめに 「第三者委員会」とは何か

■「第三者委員会ガイドライン」への期待

■ 第三者委員会を活用した不祥事調査等

○第三者委員会の基本原則

 ・第三者委員会の定義と目的  
 ・第三者委員会の任務
 ・第三者委員会の独立性
 ・企業等の協力

○第三者委員会の活動指針

 ・不祥事に関連する事実の調査、認定、評価についての指針
 ・説明責任についての指針(調査報告書の開示に関する指針)
 ・提言についての指針
 ・第三者委員会の中立性、独立性についての指針
 ・公的機関とのコミュニケーションに関する指針
 ・企業等の協力についての指針

○委員等

 ・委員及び調査担当弁護士等

○その他

 ・調査の手法など
 ・報酬について
 ・辞任
 ・文書化

○本ガイドラインの性質


■ 最後に:CSRと自己規律(内部統制)


行方先生による講演の様子

ご参加いただきました方からは、実例を交えた分かりやすい説明だった、今後の活動で活かせるものであった等の声が多数寄せられました。

講演内容の詳細をお知りになりたい方は事務局までご連絡ください。

(連絡先)
コンプライアンス推進機構 事務局
電話:03-5776-5097  FAX:03-5776-5099
Email:honbu@ocod.or.jp

 
1
2
 


懇親会の様子

講演会終了後は恒例の懇親会が行われました。行方先生にも参加いただき、フォーラム参加者の皆様との質疑応答や名刺交換が活発に行われました。また、参加者同士意見交換や交流される姿が多く見られました。

 

 
3
4
 


次回も多数のご参加をお待ちしております。