OCOD/HTC 共同開催セミナー


 
内容

                

     【第10回 コンプライアンス推進機構

   ハイテクノロジーコミュニケーションズ

                共同開催セミナー】

 

 内部通報制度をどう活性化し、活用するか』

 

    【内部通報制度の最新動向、効果的な運用を含めて】

 

        

   企業不祥事が次々明るみになる中、最近では、内部通報制度が不祥事発見の重要な

   役割を果たしつつあります。もっとも、内部通報制度があっても、相談や通報がほとんど

   ない、有効に機能していないなど、内部通報制度の実効性確保に苦労されているという

   声も多く聞かれるところです。本セミナーでは、現状の内部通報の実態、課題を踏まえ、

   今後どのように活性化していくか、有効に活用するかを、内部通報制度の最新動向とと

   もにわかりやすく解説いたします。

   

 

 

 1. 内部通報制度の最新動向と展開

    □ 内部通報ガイドラインの活用方法

    □ 内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度とは?)

    □ 公益通報者保護法の改正動向

    

 2. 現状の内部通報制度の実態

    □ 内部通報制度の現状

    □ 内部通報制度がなぜ利用されないのか?

       − 通報がほとんどない、少ない理由とは?

       − 何が制度の妨げとなっているのか?

        (通報による不利益、通報事実、利益相反など)

 

 3. 内部通報制度の問題点とは

    □ 通報しづらい職場風土とは?

    □ 業務ライン通報(報告)の問題

    □ 規程と運用の乖離

    □ 通報者と企業の考えの相違・乖離とは?

    □ 通報窓口部門と担当者への信頼とは?

 

 4. 望ましい内部通報制度と活性化手法

    □ 通報しやすい制度・仕組みとは?

       − 通報を増やす施策とは?通報窓口の多様化

       − 複数担当者の配置と育成 など

    □ 具体的活性化手法とは?

       − 窓口担当者の人事考課、監査役の関与

       − 社内リニエンシー制度の活用 など

 

 

   ※ セミナーの小項目は、多少変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

 

日時  

 2018年 10月 25日 (木) 15:00〜17:30

 

受講料

 23,000円 (資料代・消費税込)  

定員  

 40名様
 (定員になり次第、締め切らせていただきます。)

 

講師  

  弁護士 山本 昌平

 

   1998年(平成10年)、東京弁護士会弁護士登録(柳瀬法律事務所入所(現:丸の内中央法律事務所))。
  現在、丸の内中央法律事務所パートナー。

  コーポレートガバナンス、コンプライアンス、公正取引、エンタテインメント、建築、商社間取引、倒産処理、役員の

  法的責任など企業・組織を取り巻く法律問題を専門としている。複数の企業で社外取締役、社外監査役等を務め

  企業内部の実態にも精通している。

 

 【主な論文・著書等】
  ・ビジネス法務2017年5月号(Vol.17No.5)Trend Eye「弁護士のあたらしいかたち?『非常勤弁護士』とは」
  ・「下請契約トラブル解決法」(共著 自由国民社)/・「成功する事業承継のしくみと実務」(共著 自由国民社)

  ・「図解 建築紛争事例便覧」(共著 建築紛争事例研究会編集 新日本法規出版) など他多数

 

 

会場


 東京国際フォーラム ガラスホール棟6階 G610会議室
 (東京都千代田区丸の内3-5-1)

 <会場へのアクセス>
 JR 線
  ・ 有楽町駅より徒歩1分(D5出口)                 
  ・ 東京駅より徒歩5分(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)

 地下鉄

  ・ 有楽町線有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)                 
  ・ 日比谷線銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
  ・ 千代田線二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
  ・ 丸ノ内線銀座駅より徒歩5分
  ・ 銀座線銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
  ・ 三田線日比谷駅より徒歩5分

     


お申込方法


 1. FAXまたはEメールにてお申し込みください。
 2. 受講料を以下の口座にお振込ください。

   ご入金確認後、お申込完了のご連絡をさせていただきます。
   (※受講料は開催日の3日前までにお振込みください)

 

 ■ 受講料振込先

    三菱UFJ銀行  日比谷支店(330)  普通預金4503661
    シャ)コンプライアンススイシンキコウ

 

    ※ 恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

   
 ■ FAX
    参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ当機構宛お送りください。
    FAX:03-5776-5099

   

 ■ Eメール
    下記必要事項を honbu@ocod.or.jp 宛にお送りください。

 

    1. お名前
    2. ご勤務先・所属部課・役職
    3. お電話番号(日中連絡可能な電話番号)
    4. E-mailアドレス
    5. 領収証の要否(必要な方は宛名、送付先ご住所をお書き添えください。)
    領収証は、郵送させていただきます。

 ■ その他

   ・キャンセルの場合は、前日までにご連絡ください。

   ・当日は名刺をご持参下さい。

   ・その他ご不明な点等ございましたら、コンプライアンス推進機構事務局までご連絡ください。

 

  ★ 皆様のご参加お待ちしております。

 

お問い合わせ
   〒105-0003  東京都港区西新橋2-22-1 西新橋2丁目森ビル
   一般社団法人コンプライアンス推進機構 事務局
   電話:03-5776-5097  FAX:03-5776-5099  Email:honbu@ocod.or.jp