合格者の声

松田 由紀子様  小林製薬株式会社 グループ統括本社 コーポレートブランド推進室 課長

 第2回の試験で認定コンプライアンス・オフィサーに合格しました。実際に受験をした印象ですが、本試験は、企業法務の知識だけを問うのではなく、各人が如何にコンプライアンスマインドを備え、企業人として如何に組織に対してコンプライアンスマインドを注入していくことができるのかを問われている個性的な試験だということです。試験会場では、自分自身がコンプライアンス・オフィサーとしてどうするかを回答する。これは、私自身は、非日常として戸惑う半面、別の次元・思考回路でコンプライアンスを考えることができる貴重な機会となりました。
今から受験される皆様の中にも、実際にオフィサーとしてではなく、オフィサーを支える立場の方やオフィサーとして今後活躍されたいと思っておられる方もいらっしゃると思います。立場を少し変えてコンプライアンスを再意識してみる、そんな経験となると思います。私自身は、資格を得たことに満足せず今後もコンプライアンスという当たり前の事を当たり前に進めていくことに、日々努力していきたいと思っています。

飛田 秀成様  ソフィア法律事務所 パートナー弁護士

 社外監査役に就任して、リスク管理やコンプライアンスに関わるようになり、身近にその重要性を意識しました。そこで、より正確な知識を身につける動機付けとして受験しました。
勉強方法としては、認定機構が発行している基本テキストや分かり易い本を何冊か読まれることをお奨めします。それと並行して択一式問題はサンプル問題を参考にして、問題から派生すること、関連性がありそうなところへと関心を広げていくと、単にテキストを読むだけの退屈さは防げると思います。記述式問題は、実に見事な良問です。私は、問題を見た瞬間に、回答できるかどうかより、コンプライアンスの本質を問う「良質な問題」であることに感心してしまいました。一行問題は、テキストに書かれている基本事項を理解しておけば回答できます。事例問題は、これまでの実務経験に照らして、コンプライアンスの視点から、筋をはずさない論述ができれば、正解だと思います。この試験は、実務に携わる者に必要なコンプライアンスの知識や感覚を身につけるために最適な試験だと思います。

小楠 洋司様  イワキ株式会社 法規室 担当課長

 現在の仕事は法務が主です。しかし、純粋に法律の解釈・適用だけでなく、コンプライアンス、CSR、リスクマネジメント等の理解なくして企業内法務は務まりません。特に内部統制・コンプライアンスに関しては、体制構築や運営に関する総合的な理解が不可欠でしょう。コンプライアンスオフィサー試験の事前勉強は自分自身の体系的理解を得るために役立ちました。
読んだ書物は、機構側提示の参考図書のうち「内部統制の統合的枠組み−理論編」、「社会責任投資とは何か」、「内部統制の実務」、「コンプライアンス経営」です。その中でも、内部統制を語るうえではCOSOレポートの知識が前提ですが、装飾されていないバイブルともいえる「内部統制の統合的枠組み−理論編」を読んだことは、少なからず自信にもつながっていると思います。
有効な勉強方法は、あまり幅を広げず少数の書物を基本書として、その記述を汲みとり、自分の理解に落とし込むことだと思います。そのうえで、雑誌等の新たな情報を自分の理解に加えていくといいでしょう。日頃からコンプライアンスや社内体制を意識して仕事をしているのであれば、論述問題の採点はそれほど厳しくないようです。
コンプライアンスオフィサーの今後一層の地位向上を願っています。

細野 浩一郎様  日本銀行政策委員会室 企画役

(受験時:日本銀行発券局 企画役)


  コンプライアンス全般についての知識修得を目的に、第2回目の試験を受験しました。1次試験は、@企業経営と企業倫理、Aコーポレート・ガバナンスと内部統制、B企業法務・コンプライアンスの基礎の3分野から択一問題として出題されましたが、細かい知識を問う問題は殆どなく、基本的な知識を踏まえて考えさせる良質の問題が多いと感じました。従って、択一問題への対処方法としては、認定機構のホームページに掲載されている各分野の参考文献のうちの基本書を1冊ずつ読んで内容をしっかりと理解しておくことが重要です。細かい事項を記憶することに時間を割く必要はないと感じました。機構主催のガイダンスにおいて、説明いただいた本資格の趣旨と参考文献の紹介等も有益ですので、出席をお奨めします。2次試験は、コンプライアンス全般についての論述問題で、基本的な知識の応用力を問うもののように感じました。論文は、コアの知識をしっかり持っていないと書けませんが、機構のホームページに掲載されていた2次試験の狙いにおいて、学習のポイントとして列挙されていた5項目(@コンプライアンス・内部統制システムの意義、A企業組織におけるコンプライアンス・オフィサーの役割、Bコンプライアンス・内部統制と経営者の責務や関わり方、Cコンプライアンス体制の整備にあたっての重要要素の理解、D株式会社における取締役会や取締役の義務・責任)について、予め論文を作成しておくことで対応できました。