合格者の声

上田 敏裕様  旭硝子株式会社 監査室 統括主幹

 会社法やJ-SOX法における内部統制の構築要請から、法務部門やコンプライアンス担当部門への内部統制整備・強化への期待は益々高まっている。こうした点から、従来、個々の紛争解決や契約対応が主たる業務と考えていた法務部門等に、内部統制に関する理解・視点が要求され、業務プロセスの効率性や有効性の見地からリーガルアドバイスをすることが期待されてきている。コンプライアンス・オフィサー制度は、法律知識のみならずこうした内部統制のコンセプトや手法の理解につながるものであり、コンプライアンス担当、法務パーソンにとって有用であると思います。

 

中谷 幸裕様  三井倉庫株式会社 リスク管理部長

 単に資格を取るという小さな目標ではなく、何かを学ぶ、考える、知識を整理するための機会と見ることをお勧めします。より大事なことは、日頃何気なく使われる「ガバナンス」、「コンプライアンス」あるいは「リスク管理」等々の言葉の意味合いを、この機会に自分なりに具体的なイメージで捉える行為です。コンプライアンスは重要だから、ルールを守りましょう − などと言ったところで所詮同義語反復の域を出ない。もっと組織における人間の意思決定のプロセスなり行動を、枝葉を切り落とし、透徹した目で捉えておかないと、実効性のある活動は難しいと思います。そのためにこの機会を利用して、色々な人々の意見、見方に是非耳を傾け、自ら考えてみてはいかがでしょうか。

 

酒井 恒雄様  司法書士酒井事務所  副所長・司法書士

 本試験は専門知識があるかないかを問うのではなく、コンプライアンス専門家としてのマインドを備えているか否かを問われる、とてもユニークな試験だと思います。これからコンプライアンス専門家を目指す方はもちろん、すでに実務家として活躍されている方も、本試験を受験することにより、知識とマインドの確認をすることで、コンプライアンス・オフィサーとしての職責を再認識することができるのではないでしょうか。企業法務等に携わる外部専門家の方にもお薦めできる試験です。

落合 仁志様  東京海上日動火災保険株式会社 福島支店 業務グループ・コンプライアンスリーダー

 勤務先ではコンプライアンスリーダーの仕事をして2年目になります。社内におけるコンプライアンスについては自分なりの自信も持っていたのですが、会社の常識が世間の常識に一致しているのだろうかという問題意識を持っていたことが本資格を受験しようと思った動機です。たまたま新聞でこの制度があることを目にして受験を申し込みました。遠い昔の学生時代に法律を専攻していたのですが、今回の学習を通じて久しぶに最近の法改正の動きに接することができ、大変興味深く勉強できました。社会が企業中心から消費者中心へと動いていく流れの中、コンプライアンスの考え方は最もその流れに沿った動きであり、誇りを持って学習することができます。自分の会社の中の考え方を改めて客観的に見直す意味で本資格の取得のための学習は意味がありました。本資格を取得したメンバーがそれぞれの職場のコンプライアンスに関するオピニオンリーダーとなって、会社、社会を引っ張っていくことができるようになれば素晴らしいと思っています。合格者の方もこれから受験する方もともに高い理想を持って頑張っていきましょう。

 

秋田 勝之様  東京電力株式会社 事業開発部 総括・支援グループ 法務担当

 今回の試験を受験した意義は、コンプライアンス(企業倫理)、CSR、コーポレートガバナンス、内部統制、リスクマネジメントなど、範囲が広く抽象的な概念を、商法上の取締役および監査役の責任、判例、あるいは以下に紹介する参考図書による学説などを通じて、具体的に理解できたことでした。
法務部あるいは法務に関連する管理部門にいる人間として、抽象的な概念をいかに他の部署の人にわかりやすく具体的に説明し、理解していただくかということが非常に重要であると常々考えており、私自身がこの試験を通じて具体的に理解できてよかったと思っております。
勉強法としては、参考図書となっていた「コンプライアンス経営」(著作者/田中宏史)、「社会責任投資とは何か」(著作者/秋山をね)、「内部統制の実務」(著作者/土田義憲)の3冊を読みました。企業法務に関しては、日常的に法務業務に携わっていることやビジネス実務法務2級を取得しておりましたので、それほど時間は割きませんでしたが、商法254条以降の機関の条文と判例は読みました。
論述の書き方としては、条文・判例を原則としつつも、妥当な結論を導くために、論理的に原則を修正していくという、姿勢が重要であると思います。